ディスクブレーキロード・・・ITUルールでは

あちこちで2018モデルの発表等々がされてきてます。
ディスクブレーキ搭載のバイクがかなり増えてきてる感じ。。。
FLEETではマッタク話にも出ないんで、このギャップはなんなんだろと原因模索中。

ということで現時点でのITUルールをちょっと確認してみた。
----------------------------------------------------------------------------------
<<Disc brakes>>
Disc brakes are allowed in the follwing ITU Events.
(1)All draft-illegal triathlon and duathlon competitions.
(2)Cross Triathlon and Cross Duathlon.
(3)Winter Triathlon.

<<ディスクブレーキ>>
ディスクブレーキは以下のITUイベントで許可される
(1)全てのドラフティング禁止トライアスロンとデュアスロン大会
(2)クロストライアスロンとクロスデュアスロン
(3)冬季トライアスロン
----------------------------------------------------------------------------------
とりあえず、
現時点でドラフティングありのレースは使用不可ってことですね。
WTS、WC、コンチネンタルカップ、ジャパンカップなど。
あとは国体もか。

我々一般人で注意したいのが国体予選、日本選手権への各ブロック予選のレース。
これらのレースもドラフティングOKになるのでディスクブレーキロードは使用不可。

一般のレースは距離問わずドラフティング禁止なんでどこでも使用可能。
なんで、もうちょい話題に出てもいいかも。。。なんだけど。。。難しいところだ。

さて、今後このルールはどうなることやら・・・


[PR]
by verreaux-sifaka | 2017-09-09 14:44 | 日常 | Comments(0)