カーボン修理

年に数回は見かけるリヤディレーラーを後輪に巻き込んじゃったってトラブル

最も多い要因としては
バイクが右側に倒れる(落車や立てかけておいて風等でバランス崩れて倒れたなど)
 →リヤエンドが曲がる
  →修理せずにそのまま走る
   →登坂でギヤをローにする
    →リヤディレーラーが後輪のスポークに挟まり巻き込まれる
ってのが多いようです。

そんな感じで
今回はディレーラーがそのままチェーンステイにブチ当たり真っ二つになってしまったフレーム
d0155634_15345052.jpg

やっちまいましたな。

ということで、
カーボンドライジャパン(FLEETでは受付窓口になってます)にて修理してもらい見事復活!
d0155634_1536561.jpg

割れ方や場所によって修理価格は異なるので、
修理が必要なカーボン製品をお持ちの方はまずは一声ください。
[PR]
by verreaux-sifaka | 2015-08-18 15:39 | 日常 | Comments(0)